· 

選ぶ花色で分かる、深層心理。

 

リラックスしたい時、緑を見たくなった経験ってありませんか?

そんなふうに人はその時の心の状態によって

無意識に、ある色を求めてしまうことがあります。

つまり選ぶ色で、心の状態がなんとなく分かってしまうのです。

 

私はといえば、

なぜかいつも黄色のお花を選んでしまいます。

 でも先日、珍しく深紅のガーベラが目につきました。

 

なぜ黄色の花ばかりいつも選んでしまうのか?

 

なぜその時だけ赤色の花にも目が行ったのか?

 

色の意味をふまえながら

カラーセラピストの立場から分析をしてみました。(^^)


<目次>

黄色の花を選ぶときの心理

白い花を選ぶときの心理

寒色系の花を選ぶときの心理

赤色の花を選ぶときの心理

ピンクの花を選ぶときの心理

オレンジの花を選ぶときの心理

◇まとめ


◇黄色の花を選ぶときの心理

私が一番好きな花はヒマワリ。

そしてヒマワリと言えば黄色。

 

黄色は、色の中で一番明度が高い色。

つまり一番、明るい色なのです。

 

そこから、

  • 隠しようがない
  • ハッキリとした
  • 明らかな

といったイメージが浮かびます。

 

 

そういえば私は

「一点の曇りもない」

という言葉がとても好きです。

 

例えば、雲ひとつない夜空に

“一点の曇りもなく輝く月” が好き。

〝自分もそうありたい〟

 という願望なのかもしれません。

 

先日出会った書道家、

東尚史さんが書かれた、この葉書。

すご~く心に響きました。

 

清らかに澄む

美しい月のように

生きる

 

私はこんな生き方に強く憧れてしまいます。

 

凛と咲く、鮮やかな黄色のヒマワリが好きなのは、

そういう私の想いを投影しているからかもしれません。

 

*****

 

さて、ここで色彩言語から黄色の意味を見てみましょう。

 

明るい、楽しい、陽気、明朗、快活、躍動、愉快 etc.

TCカラーセラピー公式サイトより

 

おそらくほとんどの方は、

黄色に対して、

このような印象をお持ちなのではないでしょうか?

 

黄色はなんと言っても、

心をワクワクさせる希望に満ちあふれた色です。

 

なんとなく元気のない時、

元気をもらいたくて、つい黄色の花を手に取ってしまう・・

 

黄色の花が気になるときには

 そんな心理も働いているのかもしれませんね。

 

◇白い花を選ぶときの心理

いつのことだったか、一時期、

白い花ばかりに目がいくことがありました。

 

その時はカラーセラピーでも

よくクリア(白)のボトルを選んでいた気がします。

 

きっと、自分の中で何かが整理できていない状態だったのだと思います。

 

「心がモヤモヤする。スッキリしたい❗️」

 

そういう気持ちで、クリアのボトルを選ぶ。

そんな感じでした。

 

その清らかさにすごく惹かれるのです。

白に惹かれるときは、

  • リセットしたい!
  • 白紙にしたい!
  • 無の状態になりたい!

そういった気持ちが裏側に隠れているのかもしれません。

心当たりはありませんか?(^^;

 

*****

ところで、白い花といえばお祝いの時に送る胡蝶蘭

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」なのだそう。

 

特に赤色が混ざった紅白の胡蝶蘭は縁起がよく、お祝い事にはもってこいですよね!

 

色の意味から見ると、白という色には、「出発」「新しい世界」といった意味があります。

(TCカラーセラピー『インフィニティカード』より)

 

真っ白いキャンパスには、これからどんな絵も描ける無限の可能性がありますよね?

 

開店祝いや、結婚のお祝いなどに送る白い胡蝶蘭は、

新しい門出にふさわしい贈り物と言えそうです。

 

◇寒色系の花を選ぶときの心理

 

私は日頃、あまり寒色系の花は選びません。

 

なぜか青や紫の花は、ほとんど買うことがないのです。

  

でも本当は、色としては紫が1番好きで、庭に咲いている薄紫のむくげは大好きな花なんですけどね。

なぜかお部屋に飾ろうと思わないんですよね。。。

 

青は、「静」を表す色。

紫も、「高貴」「孤独」な色。

  • 心を落ち着けたい
  • 気持ちを沈めたい

そんな時に選ぶ傾向があるように思いますが、

私は日頃、あまりそこに意識がないからでしょうか?

既に自分の中にあるから選ばないのでしょうか?

 

逆に、そういうことを求めている人は、

寒色系などシックなお花の色に目が行ってしまうかも知れません。

 

薔薇、紫陽花、りんどう、朝顔・・

 

青や紫など寒色系のお花も結構ありますよね!

 

 

寒色は内側に向かう色。

  • 一人静かにいたいとき。
  • 自分を見つめたい時。

 そんな気分の時、青や紫色の花を心理的に欲してしまうかもしれません。

 

*****

紫という色は、その昔、

染料としてなかなか取れにくい色でした。

よって、高貴な人しか身に付けられない希少価値の高い色でした。

そのことから、

 

高貴、高尚、上品、優雅、希少な、珍しい、特別 etc.

TCカラーセラピー公式サイトより

 

といった意味を持ちます。

 

なので紫色のお花は、職場の上司やご年配の方
お孫さんからおじいちゃん、おばあちゃんへの特別なプレゼントに良いかもしれませんね。

 

◇赤色の花を選ぶときの心理

 

実は私は、赤色の花にもあまり目がいかないんです。

それは多分、自分の中に“赤”の要素を持っているから。

 

自分で言うのもなんですが、

比較的アクティブな方だと自覚があります。

 

赤の要素とは、活動的で行動的

一言で言うと「動」です。

 

なので逆に言えば、

疲れて力が出ない時には

赤色のエネルギーを欲することがあります。

 

私が先日、珍しく赤色のガーベラに目がいったのは、

何かエネルギーが欲しかったからかもしれません。

 

*****

 

さて、赤色のお花といえば、

母の日のカーネーション。

 

また、プロポーズ定番の真っ赤な薔薇の花束!

 

なぜ赤なのでしょう?

実は赤は愛情を示す色でもあるのです。

 

「お母さん、いつもたくさんの愛をありがとう。」

そういう気持ちを込めて、赤のカーネーションを。

 

 

「あなたのことが誰よりも好きです!」

そんな情熱を込めた愛を贈る、赤い薔薇。

 

しかし、

もしもまったく興味のない男性から真っ赤な薔薇を贈られたら、

ちょっと身構えてしまいませんか?(笑)

 

プロポーズには最適な赤い花も、

そうでない場合はちょっと、引いてしまいますよね!(^^;

 

それは赤が情熱の色であり、

燃えたぎるようなエネルギーを想像させてしまうから。

 

人は色の意味など知らなくても、

感覚として意味を分かっているんでしょうね。

 

◇ピンクの花を選ぶときの心理

ではピンクはどうでしょう?

ピンクも優しい愛の色です。

 

優しさに意識が向いている時に、目についたりします。

それとか恋をしている時とか❤️

 

恋をしているとき、

なぜかピンクの服や持ち物が増えてしまう

といった経験はありませんか?!

なぜならピンクは、女性らしさを連想させる色。

なおかつ、「愛の色」でもあるので、

自分の中の女性性をより意識した時に欲してしまう色なのです。

 

先ほど赤い薔薇の話をしましたが、

男性が女性にさりげなくお花を贈りたいのであれば、

女性らしさを象徴するピンクのお花がいいかもしれませんね!

 

言外で、

「あなたは素敵な女性ですよ」

という想いを伝えることができると思いますよ。(^^)

ちなみに、ピンクを見ると

なぜかほんわかと優しい気持ちになってしまいませんか?

 

ピンクには「優しさ」という意味もあります。

 

そういえば先日、

多くの人の優しさに触れた子猫事件の帰りに、私は珍しくピンクのガーベラを買ってしまいました。

 

それは人の温かさ、優しさに触れた直後だったからかもしれないと思いました。

 

◇オレンジの花を選ぶときの心理

 

では、オレンジの花はどうでしょう?

 

オレンジは陽気で明るい色。

ワクワク楽しげな気分。

 

明るくポジティブな気分の時に

オレンジという色に共感してしまうかもしれませんね!

 

もしくは、今の時代、なかなか人と会えなかったり、

わいわい騒ぐこともできなくて、

ちょっと寂しい想いをしていたり。。。

 

オレンジは「社交」表す色でもあるので、

オレンジの花に目が行くときは、

 

仲間との交流を欲している時なのかもしれません。

 

オレンジ色の意味としては、

 

あたたかい、明るい、楽しい、陽気、楽しい、温情、快活、歓喜、華やか、晴れやか、健康、元気、外向的、社交的、親しみ etc.

TCカラーセラピー公式サイトより

 

などがあります。

 

このようにオレンジには、

“心の交流から生まれる暖かさ”

といった意味があるので、

お友達に贈ったり、パーティーの時にも最適な花の色。

 

また、元気が出る花の色でもあります。

赤色も元気をもらえる色ではありますが、

ちょっと強すぎるなと思うときには、

赤色より少しソフトなオレンジ色の花がおすすめです。

 

◇まとめ

 

<黄色の花>

・明るい気持ちになりたいとき

・元気になりたいとき

・心の中を明らかにしたいとき

 

<白い花>

・スッキリとした気持ちになりたいとき

・ものごとを整理したいとき

・新しいスタートを切りたいとき(開店祝いなどにも)

 

<青や紫の花>

・心を落ち着けたいとき

・内観したいとき

・特別な人に贈りたいとき(上司や祖父母など)

 

<赤い花>

・エネルギーが欲しいとき

・愛を贈りたいとき(母の日、プロポーズ)

 

<ピンクの花>

・女性性を磨きたいとき

・優しい気持ちになりたいとき

・さりげなく女性に贈りたいとき

 

<オレンジの花>

・元気になりたいとき

・楽しい気持ちになりたいとき

・お見舞いのお花として

(※黄色や赤も元気になれる色です)

 

*****

 

いかがでしたか?

もちろん、ここに挙げたお花の色と深層心理は

絶対的なことではありませんが、

私の経験も交えての一例です。

 

あなたは、今日は何色の花が欲しいですか?

 

そして私は、

やっぱり今日も黄色のお花を買ってしまいました!! (^^)

 

 

今日も記事をお読みいただきありがとうございました♪


 

カラーセラピスト講座◆
オンライン受講も出来るようになりました!!

 

カラーセラピーは、色を使った色彩療法です。

選んだ色から自分では気づかなかった様々なことが分かります。

カラフルなカラーボトルで人や自分を癒してみませんか?
詳しくはこちらをご覧ください♪

 

★開講記念~2021年10月まで~

カラーセラピーセッション(15分)をプレゼント!!

 

▼オンライン講座ダイジェスト

 

イーハトーヴの森サロンでは

あなたの

“生きがい” や “人生の目的”

一緒に探すお手伝いをしています